到着日: 部屋のタイプ: 宿泊人数:

立地は町の中心です

"Neustadt" はヨーロッパで最も大きい泡末会社乱立時代に建てられた建築物が集まった地区です

当ホステルは歴史的な旧市街から見てエルベ川の反対側にあるドレスデンのノイシュタットに位置しており、旧市街へは徒歩30 分、また市街電車で停留所4 つです。

ノイシュタット はドレスデンの文化的中心地です。こんなにたくさんのクラブ、バー、パブ、ストリートアートがあふれる地区は他にないでしょう。特に夏には多くの訪問者や住人が道端に座りビールを片手に雑談している姿があらゆるところで見られますます。ここは今日でもパンカーと弁護士が隣り合わせ住んでいるように、様々な異なった哲学や生活スタイルがカラフルに交じり合った混合体なのです。そしてその生活はいつも道端で活動し続け、特に毎年6月中旬に行われる„Bunte Republik Neustadt“ (カラフルな共和国ノイシュタット)ではその姿をいつにもまして見ることが出来ます。

拡大画像を見るには下のプレビューをクリック

イメージ

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー

プレビュー


写真を見るにはここをクリック

この地域で今日見られる9割の建築物は20 世紀に建てられたもので、ここはヨーロッパで知られている最も大きい泡末会社乱立時代に建てられた建築物が集まった地区です。第二次世界大戦において旧市街が大損害を受けたのに比べ、この区域はあまり被害を受けませんでした。そのため、名前とは一致しませんが、ノイシュタットはドレスデンの最も古い地域の1 つです。

旧東ドイツ時代、ノイシュタット は決して魅力的な地域ではありませんでした。ほとんどのアパートには浴室がなく、トイレは大抵アパートの外にあり、石炭での暖房が主要でした。しかし建築上、社会的な面においてのノイシュタット はネガティブなものばかりではありませんでした。ここはいわゆるマージナルグループ、そして旧東ドイツの政治体制を受け入れることの出来ない人々の居場所でした。ノイシュタットは自由なライフスタイルのための空間だったのです。ノイシュタットの新しい住民の多くは、当時空き家だった建物を自分たちの住居にした若い学生や芸術家達です彼らによって現在の「カラフルなノイシュタット」のイメージが生まれました。

東西ドイツの統一はの住民のほぼすべてに重要な効果をもたらしました。これは政治的なものだけではなく、ユートピアへのスタート「みんなが一つになれば力が生まれる、立ち上がろう、不可能なことなどない」という共通の想いが生まれました。そしてその後の歴史を見てもわかるように、この思い込みは巨大なエネルギーをもたらしたのです。

1990年という年ははそれ以降のノイシュタット新たな開発のきっかけの年でした。それ以前、そしてそれ以降にも、これほどの自由を感じた瞬間はないでしょう。新たなプロジェクト、バーやパブ等がどんどんとあらゆるところに広まっていきました。その勢いを止めることの出来る人はいなく、政府当局の不在は最大限に満喫されたのです。

最高の立地条件と魅力的なスタイルの古い建築物によってノイシュタットは投資家にとって非常に魅力ある地域になりました。1991年、ノイシュタットは公式的に再開発指定区域になりました。それ以来ここは灰色のわびしい地域から便利で住み心地の良い人気の住宅地になりました。

そしてノイシュタットは商業化していきます。昔の家主たちや、非公式な住人、違法のバーたちは撤退していき、ドイツで最大のカラフルなバーやパブの集中した地域に変わっていきました。たくさんの小さな、そして高級な服飾店もたくさん生まれ、スプレーアートへの反対キャンペーンなども起こりました。

当ホステルに泊まるみなさんに知っておいてもらいたいことは、ここがドレスデンで最も活気あふれる地域であること。それは一方で、様々なバーやパブ、およびナイトライフを楽しめる様々な可能性がホステルを出た瞬間からあふれていることを意味し、もう一方ではバーにいる人々、そして通りを行きかう人々により夜に、ある程度の騒音に我慢していただくことにもなるかもしれません。